各アウトドアウェアブランドの特徴

ここ数年で街でもよくアウトドアウェアを着ている人を見かけるようになりました。

Patagoniaのフリースや派手な色のマウンテンパーカーを目にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

 

数年前よりデザインがよりファッショナブルになったのと、山ブームも再燃で、アウトドアウェアに興味を持たれている方も増えたのではないでしょうか。

 

 

でも、どのメーカーも似たような値段で似たような商品を出しているように見えるんじゃないでしょうか。

しかも、山用ウェアは高い…

 

 

そこで今回は、元登山部の私が主要メーカーごとの製品の特長と安く手に入れるコツについてまとめたいと思います。

 

 

 

North Face

ノースフェイス NP61400_SL Mountain Jacket マウンテンジャケット SL M【Mens】

ノースフェイスは昔からよく見かけるアメリカのアウトドアウェアブランドです。

現在は日本で売られているもののほとんどは日本のメーカーがOEMで生産していて、流石日本のメーカーだけあって高品質なウェアが多いです。

 

素材はゴアを使い、かなりしっかりしています。

薄手のパーカーも素材感が良いです。

 

サイズもかなり日本人体型にフィットします。タイトなシルエットなので街でも着やすいです。

ファッションブランドとコラボしてよりファッショナブルなモデルも増えています。

値段も割と良心的な安さです。 

 

ただ、原色の赤や青が多く使われており、派手な色が苦手な人には向きません。

 

 おすすめはサミットシリーズ・フライトシリーズで展開されているモデルです。

f:id:yskxt:20150210131728j:plain

http://cotakemo.blog51.fc2.com/blog-category-6.html

こんなのとか。

あと、ストレッチ素材が入ってるのも動きやすくていい感じです。 

 

 

 

・H/H(ヘリーハンセン)

(ヘリーハンセン)HELLY HANSEN(ヘリーハンセン) FIBERPILE THERMO Hoodie HOE51254 W ホワイト M

こちらは北欧をイメージしたブランド。

日本で展開されてるのはGOLDWINのOEM品。日本製なので質は高いです。

 

こちらは街で使うのを予め想定している感じで、割と安価な素材で見た目重視の製品が多いです。

1万円~2万円でミドルグレードの品が買えます。

 

自分はこれを買うならノースフェイスを選ぶかな…という感じですが、デザインが気に入った人にはアリだと思います。

冬山登山なんかでは使わないほうがよさそうな気もするので街中や中低山くらいの利用の方に。

 

 

・Columbia

(コロンビア)Columbia フロストフリージャケット PM5239-F14 403 Deep Lagoon M(コロンビア)Columbia ワバシュジャケット PM5850-F14 048 Coal Multi M

 

コロンビアは渋いというか、レトロというか、ダサいというかそんな感じのブランドです。

デザインに独特の雰囲気があります。

 

特徴は、マウンテンパーカーにゴアテックスではなく自社開発のオムニテックを使っていること。

そのためか、他のブランドより1万~2万円くらい安く同じコンセプトの製品が買えます。

 

欠点は、縫製がちょっと荒いこと、全体的に”重い”こと(物理的に)、それとオムにテックの防水・透湿がゴアに劣ることです。

実際に店で見てみてデザインが気に入ったら買いでしょうか。

 

それと、このカバン好きなんで再販してほしいですね。

f:id:yskxt:20150210133155j:plain

 

 

・Millet

(ミレー)Millet TRILOGY GTX PRO JKT MIV6070 0247 BLACK - NOIR L

 

Milletは石井スポーツによく置いてありますね。

ハイコストパフォーマンスのブランドです。

各メーカーに足りない要素を補い、なおかつ5000円ずつくらい安いといった感じ。

Milletは本当に万能で、品質もいいのでお勧めです。

 

サイズも日本人サイズで、MならMサイズの人でちょうどいい感じ。

ちょっと細く絞ってあるのでファッショナブルです。

色もオシャレで素敵です。

 

 

自分もMilletのビオナシージャケットを持っていますがかなり使えます。

(ミレー)Millet BIONNASSY EG STRETCH JKT MIV01081 0247 BLACK - NOIR M

東レの素材使ってる製品です。太陽の光で発熱するそうな。

 

ノースフェイスほどタイトでなく、パタゴニアほど高くないのがいいという人におすすめ。

 

 

・Patagonia

(パタゴニア)patagonia M's Shelled Synch Jkt 28145  COCR M(パタゴニア)patagonia M's Classic Retro-X 23055 010 NDK S

こちらも古くからあるブランド。

パタゴニアのフリースは有名で、街でもよく見かけるんじゃないでしょうか。

 

パタゴニア洗練されたレトロな正統派って感じのブランドです。

雨を防ぐというより防寒に重きを置いているような気がします。

古き良き登山着って感じですね。

 

「ザ・アウトドアブランド」という感じで、本当にそれっぽい雰囲気が出ています。

どの製品も質がよく、見た目も落ち着いていてかっこいいです。

着ようと思えば10年は軽く着られるでしょう。時代に流されないデザインです。

 

ただ、欠点はアメリカンサイズな上に袖が長いことです。

日本人体型で着こなすのは難しいかもしれません…

実際に試着してみてサイズが合えばいいと思います。

 

本物が買いたい、というこだわりのある方にお勧めです。

 

 

・Arc'terix

アークテリクス Arc'teryx Beta AR Jacket - Men's Dark Olympus メンズ 男性用 アウトドア ジャケット コート アウター 並行輸入ARC`TERYX Beta AR Jacket Women’s Mライトパープル

 新興ブランド。良いものだけを作るというコンセプトだったような気がします。

 

なによりカッコいいです。

大抵のアウトドアブランドは外注の生地を使っているので色が赤・青・黒と一辺倒ですが、アークテリクスは自社開発の生地を使っているのでたくさんの色があります。

 

ウェアは素材も良く、加工技術も高いです。

街中で着てもかなりオシャレに見えるんじゃないでしょうか。

 

バックも人気が出てきてるようです。

個人的にはアークテリクスよりオスプレイの方がかっこいいと思いますけど。

わざわざアークテリクスのカバンにしなくても他にいくらでもいいブランドはあります。Missionworkshop、Inside Line Equipment、ポーターあたりですね。

 

でもとりあえず、アークテリクスのウェアはお勧めです。

防水ウェアなら3万~8万くらい

撥水でもよければ1万半ばからあるんじゃないでしょうか?

気に入った方は是非どうぞ。

 

 

 

とまあこの辺でしょうか。

他にもMammut、Tilak、Marmot、Karimmor、Montbellなどありますが、そんな詳しくないので言及しません。

 

まあモンベルに関して言うなら、加工技術は高いが素材に良さは感じない、日本のブランドの割にサイズ感は微妙、性能はまあまあ、値段は良心的といったところでしょうか。

定価で買うならモンベルコスパ高いですが、ほとんどセールをしないので、海外ブランドのを3割引きくらいで買う方がおすすめですね。

モンベルユニクロみたいなもんでしょう。

結構当り外れが大きいです。

 

 

長くなったので、安く手に入れる方法についてはそのうち書きます。