2013年度個人ツアーまとめ

フタワ用に原稿書いたから貼っておく

 

三月 東尋坊

自殺名所で有名な東尋坊だが、さすが景勝地だけあって絶景が広がる。かなり長い距離にわたって見どころがあり、近くにある雄島もおすすめである。サンダーバードで訪れ、観光をし、夜は芦原温泉に泊まって癒されよう。

 

七月 小浜・舞鶴

北浦とロードで行った。途中から人気のない道になるが、コンビニは点在しており走りやすい。適度な上り下りもよい。小浜で食べた鯖寿司は絶品であり、機内食として販売されているものと同じである。舞鶴にはおなじみの道の駅、温泉、そして海水浴場があり、是非満喫したい場所だ。急に雨が降ることにだけ気を付けたい。

 

七月 尾道

私がしまなみ海道を走ったのは猛暑日で、とても苦しかった。そのためか体力が長く続かず、あまりいい思い出がない。日帰りだったため愛媛まで渡ることができなかったのも残念である。おすすめは伯方島の塩ラーメンと平山郁夫美術館。一泊するつもりで行くと、結構楽しめると思う。

 

同月 呉

素晴らしかった。呉についてから音戸の橋を渡り、島を一周した。傾斜が少なく、車もそこまで多くないので走りやすかった。帰りは日本一短い渡し船に乗り、本土へ帰ったが、110円で自転車を載せることができ、海上の景色を楽しむことができる。呉市街では大和ミュージアムや、商店街を散策し、広島の港町の雰囲気を味わうことができる。

 

九月 雨晴

福井県の北、海岸沿いの地名である。北陸といえばほとんどの場合曇天なのだが、この日は清々しい快晴で、遠くで雪を被った山際と、深い藍色の海を見ることができた。まさに海、という感じの景色が長く続いており、おすすめの観光地である。

 

十月 高野山

 

京都から和歌山まで自転車で行き、高野山を上って和歌山の温泉に入って輪行して帰った。飛鳥あたりの風景がよく、走りやすい。高野山山頂付近には特に興味を引くものがなかったが、おそらく湯葉など名物があったはずだ。和歌山市街は走りづらく、温泉も大したことのない場所で、また行きたいとは感じなかった。